レビュー

FILCO MINILA-R Convertibleのレビュー|省スペース(60%)キーボードは使いづらい

かれこれ2年近く愛用しているFILCOのMajestouch 2Sというキーボードがある。

以前勤めていた会社でもFILCOは使っていたので割と長めのFILCOユーザー。

新しいキーボードを買おうかなぁと色々模索していたところ、FILCOから新製品のキーボードが発売された。

僕が探していたのは、無線のキーボードで、テンキーレス。

発売されたのは、無線のキーボードで、テンキーレス。

これはもう運命。

そう思っていた時期が僕にもありました(出オチ

 

ということで、新しく発売された、FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleについてレビューしていく。

FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleの外観

MINILA-R Convertivleの外観はこんな感じ。

これが60%キーボードというものだ。

テンキーはない。Fキーもない。

一般的なキーボードのメイン部分的なところのみで成り立つ非常にコンパクトな設計となっている。

デスクが小さい人とか、最近はやりのFPSとかでマウスとキーボードを近くに置きたい人とかには丁度良いかもしれない。

 

FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleの内容物

内容物はこんな感じ。

後述するけど、このキーボードはキー数を最小限にしているので、矢印キーとCtrlキーが一緒になっていたりする。

超拡大すれば見えるけど、こんな感じ。

これを設定で入れ替えらるんだけど、入れ替えたときにはキーも入れ替えたいよねっていう感じで差し替え用のキーキャップ同梱。

 

 

FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleの特徴

キーキャップ "Patch Keycap"

見てくださいこのボディー、カッコイイでしょう?

2色成形3色キーキャップ "Patch Keycap"という新機軸のキーキャップになっていて、うち心地は非常によろしいと思うし、触り心地も良い。

Bluetooth + USB切り替え

右上にはBluetooth切り替えボタン(物理)が付いていて、登録した端末を簡単に切り替えることができる。

切り替えはBluetoothで4つ、USB(有線)で1つを切り替えることが可能。

CHERRY MXスイッチ

今回購入したのは日本語の茶軸。もちろん、使われているのはCherry社の正規のスイッチ。

安値で売っているサードパーティ製とは違うぜ。(違いはわからn…)

種類

カラバリx軸の種類xキー配列で結構すごい数があるから、欲しいものを決めないと選ぶのが結構大変。

個人的には「茶」で「日本語」で行こうと思っていたから、今回のお悩み要素はカラーだけだった。

 

FILCO Majestouch MINILA-R Convertibleを使ってみた感想

さて、この最新キーボードを使ってみた感想としては…

癖が強い!

圧倒的に。

というか、慣れが必要。

自分に必要なキーが何か、どう使いたいか。

見た目と、使い心地はすごくいいんだけど、使い勝手がなかなか大変。

どうなることやら。

-レビュー
-

© 2021 ちゃごろぐ Powered by AFFINGER5